【DQMSL】実は使える!?“みなごろし”の使い方

使えない特技代表と言われるみなごろし

使えないとくぎと言われ続けている”みなごろし”ですがこの記事ではみなごろしの意外な使い道を紹介します。

みなごろしのメリット・デメリット

「みなごろしは、確実に会心の一撃が出る特技である」
これだけをみれば非常に強い、響きのいい特技ですがそれだけではありません。
加えて
「敵味方問わず誰に当たるか分からない」のです。
運悪く味方に会心の一撃が当たってしまったら…これ以上は言わなくてもわかるでしょう。

みなごろしの有効な使い方とは

みなごろしは体感ですが、敵味方問わず一体一体均等に抽選されています。
つまり、味方が少なく敵が多い状態ではみなごろしは有効です。
例えば味方1体で敵2体の時にみなごろしを使えば敵に当たる確率は66%
これはピンチの時の打開策として使えます。
ボス戦で一対一となり、完全に追い込まれてしまった際にも使えます。
私はそれで何度も不利な状況を打開してきました。
相手の守備力が高く、どうしても会心が必要な時などにも使ってみてもいいでしょう。

暴発に注意!!

みなごろし持ちモンスターで一番怖いのは暴発してしまう事。
みなごろし持ちモンスターの特技コマンドは慎重に選びましょう。

「暴発して味方が死んでしまっても、モンスターを恨むのではなく
己の不注意を嘆くべし」