【DQMSL】討伐クエストに物申す!!なぜこの時期にドン・モグーラなのか!?

今回の討伐クエストに疑問を持っているプレーヤーが多くいるのではないでしょうか?
私もその一人です。どこに違和感を感じ不可解に思ったかをまとめてみようと思います。
※過去の討伐クエストは討伐クエスト一覧参照

  
◆疑問点1・ドン・モグーラの耐性

過去の討伐クエストでは状態異常系のボス耐性はあったものの、攻撃呪文に対する耐性は変わりませんでした。しかし、ドン・モグーラの耐性が、ボスの時と仲間になった時で大きく違います。味方になると【ヒャド系】が弱点ですが、ボスの時だけ【ヒャド系】が無効で【バギ系】が弱点になっていることに違和感を感じます。

 
◆疑問点2・出現クエスト

「バブルキング以降の討伐クエストは特別ダンジョンを用意して行う」という運営からの発表があったのにも関わらず、今回の討伐クエストは「通常ダンジョン内に討伐モンスターが出現する」という過去の討伐クエストの方法をとっています。
出現クエストも最高難易度のクエストを除いて、死神の騎士で使われた場所がそのまま使われています。
しかも、死神の騎士の時は最高難易度の場合必ず討伐モンスターが出現したのにも関わらず、今回の討伐クエストは登場しないパターンがあるなど、どちらかというとリバイアさまに近い仕様になっています。

 
◆疑問点3・ドン・モグーラの強さ

今回の討伐クエストの難易度は4パターン(簡単なものから初級・中級・上級・超級と仮定します)ありますが、上級までの難易度が明らかに簡単になっています。上級でも平均レベル40あたりを対象に作っているイメージがあり、キングレオの時と比べると非常に違和感があります。

 
疑問点4・その他討伐クエストの関係性

実は討伐クエストには一連の流れがあると考えています。それは、「直前の討伐クエストで出現したモンスター」が「次の討伐クエストで活躍する」というものです。
例えば、【死神の騎士】と【バブルキング】で見てみると、【死神の騎士】は毒に強くマヌーサ無効なので、【バブルキング】討伐に非常に活躍します。【バブルキング】の後は【マカロンゴーレム】で毒に弱いモンスターになっています。
キングレオ城前の【ドラン】配布も、直前に活躍するモンスターを出現させるという流れを切らさない為の苦肉の策だったと思えば説明がつきます。

過去の討伐クエストを法則に当てはまるように図にしてみると

リバイアさま【もうどく斬り・ヒャダルコを使う】
チョコゴーレム【毒に弱い】
【?】
悪魔の騎士、死神の騎士【こんらんに弱い、毒・マヌーサに強い】
バブルキング【もうどくの霧・マヌーサを使う】
マカロンゴーレム【毒が有効】
ここで流れが切れるのでドラン配布【ギガデイン、せいじゃくの光を使う】
キングレオ・バルザックビースト【デイン系、呪文封じに弱い】

という流れになっています。
もし【?】の場所に「ヒャド系に弱く、メダパニが使えるモンスター」、つまり「素の状態のドン・モグーラ」が当てはまればしっくりきます。

 
結論

【ドン・モグーラ】討伐クエストは、本当は「リバイアさま討伐クエスト」と「死神の騎士討伐クエスト」の間に用意されていたものだと推測できます。しかし、なにかしらの“大人の事情”で配信することができず、今になって配信したのではないでしょうか。

これまでの討伐クエスト一覧